*ご注意* 愛車の車種、グレード、仕様、変更箇所等を忘れずに御記載下さい。
*ご注意* Eメールアドレス未記入の場合もしくは、偽りのメールアドレスの場合、または、営業妨害と取れる書き込み内容の場合は予告無く消去される場合があります。
  新規に投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索できます ┃ 個人設定 ┃ ホーム  
1 / 13 ページ 前へ→

もうノーマルには戻せませ...[0]  /  調律の楽しみ[0]  /  いろいろ試してみて思うこ...[0]  /  いろいろ着けてみての総括[0]  /  実におもしろい[0]  /  BLB-ST EX LineaVivace...[0]  /  色々THz化してみて・・...[0]  /  画像添付[0]  /  ワイドトレッドスペーサー...[0]  /  だいぶつぎ込んでます。[0]  /  

もうノーマルには戻せません(笑)
 いのけん  - 14/7/18(金) 10:52 -

引用なし
パスワード
   17年式ゼロクラウン 186000キロ越え。
みなさんのレポートを興味深く、楽しく拝見しております。

イーテックの商品類に出会ってから、乗り味を自分好みに調整できるようになり、
運転が楽しくて仕方が無い昨今ですが、ここは敢えて「簡単に外せるものは外してみて、乗り味の変化を確かめてみる」という暴挙に出てみました(笑)

まずは装着したままマイナス端子を外してみました。
全部がリセットされて、フワフワ&ゆらゆら、しかも車高が上がったような状態のソレなので、乗っていて気持ち悪く「もはやノーマルには戻せん!」という体感をしました。

ところが、装着し続けているのに「数日経過してもなかなか元に戻らない」状態が続いたので、@リネアヴィヴァーチェ、ABLPP、BMEGA、CBLB-X-dを端子から外して、@ABCの順序で6時間間隔で再装着しましたところ、元の素晴らしい乗り味に戻りました。

装着順序による乗り味の変化は「過程では感じるが終着点は同じ」の感。
マイナス端子リセットを行う際には、バッテリー装着物は一旦外してから、
再度「1商品づつ」装着すると「上塗り感が体感」出きる。

ヒマな方はぜひ体験してみて下さい(笑)
<Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 7_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, li...@i118-16-148-140.s41.a047.ap.plala.or.jp>

・ツリー全体表示

調律の楽しみ
 しるばーれがお E-MAIL  - 14/6/29(日) 16:17 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00349.JPG
・サイズ : 162.7KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00359.JPG
・サイズ : 162.6KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00358.JPG
・サイズ : 162.2KB
   Tunechpの奥の深さにどっぷりはまっています(笑)

強化チップの施工箇所や相性の良さを色々探しています。

「ツボ」探しはまだまだ道半ばですかね(汗)

添付画像
【DSC00349.JPG : 162.7KB】

添付画像
【DSC00359.JPG : 162.6KB】

添付画像
【DSC00358.JPG : 162.2KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@KD118158098071.ppp-bb.dion.ne.jp>

・ツリー全体表示

いろいろ試してみて思うこと
 いのけん  - 14/6/23(月) 13:01 -

引用なし
パスワード
   17年式ゼロクラウンロイヤル 185000キロ越え

イーテックファンのみなさん こんにちは。
車検で数日間ディーラーに預けて、しばらくぶりに愛車に乗ると、
あらためてイーテック商品類の素晴らしさを体感したので、少し思うことを書いてみる。

過日、BLPPをセットした際にECUをリセットをしたら、イーテック商品全部のセッティングが落ちたと書いた。もちろん今では最高の乗り味に戻った、いやそれ以上になったのであるが、少し考えてみた。

@ 細かいチップ類装着→BLB類装着→BLPP装着→(そのまま)
A @の後にECUリセット→(そのまま)
B Aの後にBLPP以外の物を数時間外してもとの位置へ装着→(そのまま)

上記@ABともに同じであるが「乗り味が違っている」のだ。
何が起因しているのかというと「装着する順番が違う」ことになる。
つまりBLPPを装着してから他の物を貼るのか、
いろいろ貼ってある車にBLPPを後付けするのか、、、

この辺のところを実験体感した方はおられませんか?
奥が深くて実に面白い。
<Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, li...@p6063-ipngn100206yosemiya.okinawa.ocn.ne.jp>

・ツリー全体表示

いろいろ着けてみての総括
 いのけん  - 14/6/2(月) 11:58 -

引用なし
パスワード
   17年式ゼロクラウンロイヤル 184000キロ越え。
4月にFLのモニターから始まったイーテックさんとのお付き合い。

BLPP(SP)、MEGA、X-di、リネアヴィヴァーチェ各1台をバッテリーに装着。
フロアスタビ(infinity)(SP)×2、ボディスタビ(Dio)×2、FL-ST(ST)標準版×4、
X-di(Body)標準版×4、X-di(Body)L×4、X-di(water)(power)(ST)×4、
ホイールスペーサー×4、その他、調整用としてチューンチップFL&FMを30枚くらい。

5月末現在、上記の商品を愛車に装着している。
もちろん、ただ着ければ良いわけではない。
「ツボ」を探して「最適な場所へのセッティング」を行うのである。

過日、BLPPを装着した際にバッテリーを外してECUリセットしたら、
「チューンチップのセッティングまでリセットされて困った」と書いた。
現在は再セッティングが済んで「以前に増して素晴らしい乗り心地とエンジンフィール」
に戻ったが、もはや「ノーマル車には戻したくない」という体感、つまりは、
「イーテック商品の絶大なる効果を再確認するに至った」出来事となったのである。

余談を少し書く。
昨日、トヨタディーラーに車検の予約に出向いた時に、そこの営業マンと
整備士に運転してもらったら
「整備が行き届いてますねぇ〜足回り交換しました?」
ノーマル&無交換を告げると「20万キロ近いんですよねぇ???」。。。

イーテックファンにはたまらん瞬間であった(笑)

深化はまだまだ続く。。。
<Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, li...@i114-187-19-22.s41.a047.ap.plala.or.jp>

・ツリー全体表示

実におもしろい
 いのけん E-MAIL  - 14/4/13(日) 21:37 -

引用なし
パスワード
   17年式ゼロクラウンロイヤル 182000キロ越え。

実におもしろい。
別に福山雅治ではない。数々のチューンチップ商品のことである。
最近モニターに応募して「FL4枚」から始まったのだが、
変化&効果のあまりのおもしろさから、完全にハマってしまった。

FL20枚、FM6枚、BLB-Xdimension、BLB-MEGA。
愛車ゼロクラに対する現在の装着アイテムと数である。

あらためてイーテックさんのホームページを読んでみた。
左側にある「調整方法」に書かれている通りなのである。

もちろん車種によって「効くツボ」は若干違うかも知れないし、
運転する人の好みのフィーリングも違うであろう。
だからこそ、細かい調整が可能なチューンチップなのである。

別枠の掲示板にも書いたが、私は乗り心地を変える場所のみ貼付して、
エンジン系には貼付していない(ECUに1枚とバッテリーにBLB2台は付けた)
それなのにエンジンレスポンスまで上がってビックリする。

車体の剛性感&路面への接地感&エンジンレスポンスが上がったので
運転するのが毎日楽しくて仕方がない。年甲斐もなく「踏んで」しまう。
しかもあの「踏み方」で従来の燃費を維持できているということは、
ECO運転を心掛ければ、間違いなく燃費の向上は見られるであろう。

飛ばすドライビングが落ち着いたら(笑)今度は燃費を報告したい。
<Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 7_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like...@p10211-ipngn100201yosemiya.okinawa.ocn.ne.jp>

・ツリー全体表示

BLB-ST EX LineaVivace SCF(L)
 ちゃー坊  - 14/2/6(木) 22:21 -

引用なし
パスワード
   こんにちは お世話になります
初めての投稿になります
 
H14年 トッポJB R 4WD MT
マフラー エアクリ ブーストup などの定番チューン仕様です
 
きっかけはモニター用SCF(L)からになります、まずはエンジンルーム内に取り付け様子を見ましたが、変化ありませんでした、次にAピラーに取り付け様子を見たところ、忘れかけた頃に変化に気づきました。ステアリングのキックバックレスポンスが良くなり直進安定性が向上しました、峠走行でもグリップの向上が感じられました。

BLB-ST EX(THz) LineaVivace(強化チップ含む) の同時装着です。
既に装着済みのアーシング 燃費一番のサイトでお馴染みのMP-3000シリーズとの併用になります。
BLBをバッテリーのマイナス端子へ接続 EXをメインタイコのエンジン側へ LineaVivaceをオルタネーター取り付けボルトへ(既設アース線と交換)強化チップ×2、少し長かったので切りました、余った線(10cm程)にも端子を付けてボディアースへ、これにもプレゼントしてもらった強化チップを付けました。

装着後すぐにエンジン始動しましたが、始動性など変化なし(バッテリーはパナ カオスC4 1年使用なのでまだまだ元気です) 走り出して50m程で早くも変化を実感、足がガチガチになっていました。そのまま30分位走行、多少トルクupしたかな?程度で逆にアイドリング付近でのトルクdownがありました。ですが大きく変わったことが、それは静粛性です。途中コンビニに寄った際ターボタイマーでエンジンをかけたままにしていたのですが、買い物が終わり車に乗り込んだ際、エンジンが止まってと感じてキーを回してしまいました、するとギ〜〜っと あ
っ かけっぱだった ターボタイマー中にキーを挿し忘れ、サイドブレーキを解除した途端エンジンストップなんて事は何度かあるものの、エンジンかかってるのがわからないなんて初めてです、そのくらい音も振動も減少していたのです。
2日目も足は硬いまま アイドリングもトルク弱し でも静かです 
3日目から足に違和感なくなって、アイドリングから低回転のトルクもアップしてきました、この車の4A30エンジンは4発+ターボのため低回転でのトルクが弱く出足の鈍い車でした。
15日経った今では低速トルクもアップしてクラッチミートも楽になり、かなり乗りやすくなりました、一定の定速走行でもアクセルに足を載せているだけなのに背中を押される感じもします、上り坂でも今までよりも楽に上がって行きます。

全体的に見るとパワーアップよりも静粛性ですね、とにかく静かで滑らかです、特に1500RPM以下が静かで、エンブレをかけた時に1500RPMまで下がるとエンスト??と思う程です。低回転でよく転がります。
当方雪国で寒冷地 氷点下20度なんてのも普通のこと 十分な走行はできていません、燃費に関しての評価も今のところできません。5月になると夏タイヤに変え遠出もするのでその頃また報告したいと思います。

次はボディ剛性アイテムを試そうと思います。

今後もよろしくお願いします
      
       ありがとうございます
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; BTRS113983; GT...@FL1-118-108-42-112.hkd.mesh.ad.jp>

・ツリー全体表示

色々THz化してみて・・・
 しるばーれがお  - 13/10/21(月) 20:25 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00159.JPG
・サイズ : 162.3KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00160.JPG
・サイズ : 162.0KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00161.JPG
・サイズ : 162.9KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00165.JPG
・サイズ : 162.3KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00167.JPG
・サイズ : 161.9KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00168.JPG
・サイズ : 162.7KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00171.JPG
・サイズ : 161.0KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSC00176.JPG
・サイズ : 160.8KB
   SCF、ENGINE、WATER、AIR、DI、自作アースケーブル、ステンレスバンド等々・・・

SCCからTHz化してもらい、それぞれのポジション+アレンジで再度セッティングしてみました。

その効果は・・・
ムフフ、いやハハハでしょうか(爆)

驚くほど変化は早く、そしてより分かりやすく、潜在能力を更に高めたかのように
ポテンシャルアップしました。

まさに「絶賛!!」

の一言に尽きます。

自己満足度300%です(爆)

今回の施工ポイントの改良点として、前後のアーム、スタビ、メンバーなど、
比較的地味目!?な箇所のツボ探しを重点においてみました。

そして、もう一つのポイントは
「リアのツボ」

の重要性です。

今まではフロント中心の施工が目立っていたのですが、ステーションワゴンは
ボディが長い分、リアの安定感や剛性感が上がらないと乗り心地は改善されない
と自分なりに考えたのです。

結果として、自分としては今までにない感動と乗り心地、そして操る楽しさを
得ることが出来たと思います。

まだまだチューンチッパーとしては序の口ですが、これからももっと車と
「会話」をしながら、より運転が楽しくなるようなポイント探しをしていきたいと思います。

大原様、この場を借りて改めていい商品を提供してくださっている事に感謝致します。

これからも宜しくお願い致します。

添付画像
【DSC00159.JPG : 162.3KB】

添付画像
【DSC00160.JPG : 162.0KB】

添付画像
【DSC00161.JPG : 162.9KB】

添付画像
【DSC00165.JPG : 162.3KB】

添付画像
【DSC00167.JPG : 161.9KB】

添付画像
【DSC00168.JPG : 162.7KB】

添付画像
【DSC00171.JPG : 161.0KB】

添付画像
【DSC00176.JPG : 160.8KB】
<Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)@214.188.197.113.dy.bbexcite.jp>

・ツリー全体表示

画像添付
 なか  - 13/9/22(日) 15:13 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : IMG_0061.jpg
・サイズ : 224.5KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : IMG_0062.jpg
・サイズ : 160.5KB
   平成6年式 日産P10プリメーラ
走行距離 14万km


画像が添付できませんでした。
こちらに追記させてもらいました。

添付画像
【IMG_0061.jpg : 224.5KB】

添付画像
【IMG_0062.jpg : 160.5KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0@i180-63-149-110.s41.a040.ap.plala.or.jp>

・ツリー全体表示

ワイドトレッドスペーサーにTHzエネルギー封入依頼
 なか  - 13/9/22(日) 15:10 -

引用なし
パスワード
   平成6年式 日産P10プリメーラ
走行距離 14万km


使用中のワイドトレッドスペーサーへTHzエネルギー封入依頼をお願いしました。
30mm2枚1組と40mm2枚1組、5mmと3mmスペーサーの各2枚。


突き上げがひどかったのですが乗り心地が良くなりました。
燃費も1km向上できました。
ガソリン価格が高騰中なので燃費向上は助かります。


日によって感じ方が違うのでまだまだエナジー不足かもしれません。
この度はお忙しい中、ありがとうございました。
この場をお借りしましてお礼申し上げます。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0@i180-63-149-110.s41.a040.ap.plala.or.jp>

・ツリー全体表示

だいぶつぎ込んでます。
 FD-1  - 13/9/19(木) 21:52 -

引用なし
パスワード
   平成18年式 ホンダ シビック FD-1 1,800cc 走行距離73,000km

取付製品 フロアスタビ(Infinity)(SP) 2個
     フロアスタビ(Infinity)(ST) 2個
     Damper(Infinity)      4個
     BLB(Infinity) MEGA     2個
     Fuel(Infinity)       3個
     Air(Infinity) サイズL    2個
     EX(THz)           4個
     Engine(Infinity)      5個
     DI(Infinity)        5個
     Water(Infinity)       2個

取付位置 ホームページの画像と同じ位置に付けてます。

取付後の変化

車両剛性UP
サスペンションとボディイがちょうど良く硬くなり、特に高速走行時のカーブでの安定感UPはみごとで、スピード感をあまり感じなくなりました。ドアの閉めた時の音もズッシリした音に変わりました。                            

静粛性UP
アイドリング時、エンジンの高回転時の音が低くズッシリとした音に変わりました。

エンジンのパワーUP
低速トルクのUPとアクセルを踏み込んだ時の、スムーズな吹き上がり確実なエンジンのパワーUPを感じます。

総合評価
1,800ccの車が2,500ccまでは行きませんが、2,300ccの車に変わったように感じます。

最後に、これまでTune chipにだいぶつぎ込んで来ましたが、購入金額相当かそれ以上の効果を認めます。
<Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MANMJS)@ZU184173.ppp.dion.ne.jp>

・ツリー全体表示

  新規に投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索できます ┃ 個人設定 ┃ ホーム  
1 / 13 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
37847
(SS)C-BOARD v3.3 is Free.