*ご注意* 愛車の車種、グレード、仕様、変更箇所等を忘れずに御記載下さい。
*ご注意* Eメールアドレス未記入の場合もしくは、偽りのメールアドレスの場合、または、営業妨害と取れる書き込み内容の場合は予告無く消去される場合があります。
  新規に投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索できます ┃ 個人設定 ┃ ホーム  
1 / 2 ページ 前へ→

パワーウオーター[0]  /  X-Dimension (BLB) ハイパ...[0]  /  30プリウスのエンジンヘ...[0]  /  30プリウスのAピラーに...[0]  /  30プリの足まわりにBa...[0]  /  DI(Hybrid)を3...[0]  /  30プリウスにReal(...[0]  /  ハイパーBLB と リアル...[0]  /  SEM(Live)を高電圧変換...[0]  /  バッテリーにBLB(Li...[0]  /  

パワーウオーター
 skuri  - 10/4/12(月) 18:57 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSCN0651.JPG
・サイズ : 96.9KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSCN0652.JPG
・サイズ : 106.2KB
    30プリウスの「ラジエター・サブタンク」と「「ハイブリラジエタータンク」に「パワーウオーター」を投入しました。

大原さんに尋ねると、「そのまま添加するだけで良い」とのことでしたので、液体を抜かずにそのまま添加したので、若干多めになっています。

同時にその他のチップも装着したので、単体での評価はできませんが、パワー感は確実に上がっていますね。
サブタンクに投入したので、ラジエター全体に広がるのにはもう少し時間が掛るとは思いますが、これからが楽しみです。

添付画像
【DSCN0651.JPG : 96.9KB】

添付画像
【DSCN0652.JPG : 106.2KB】
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; ...@zaq3d2e39ed.zaq.ne.jp>

・ツリー全体表示

X-Dimension (BLB) ハイパー
 skuri  - 10/3/12(金) 15:23 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSCN0608.JPG
・サイズ : 110.3KB
    30プリウスのリアに設置されているバッテリー(マイナス端子)に X-Dimension (BLB) ハイパーを取り付けて5日ほど経ちました。(プロトタイプのため、Labelは違うものが貼り付けてある)

大きさとボックスの色、形状は、これまでのBLBと同じものですが、コードの太さが細くなり、エナジーの種類とエナジー量がかなり上がっているものです。

取り付け直後は、取り立てて変化は感じませんでしたが、翌日から「ボディ剛性」が上がり始め、「ゴツゴツ」と特に下回り中心に効いている感じですね。

出足は「電気」で走るため、トルク感や軽快なレスポンス等はガソリン車のそれには及ばないですが、一旦エンジン掛るとこれまで以上に電気だけで走っている時との変化が顕著で、トルクカーブが急激に上昇してくる感じですね。

これは特に高速道を走るときに効果が表れ、あまりアクセルを踏み込まなくても一定の速度から加速ができるようになっていますので、これは結構高速時の「燃費」に効きそうです!

「剛性」については、もうこれ以上は不要??と思えるほど上がってきており、例の X-Dimension (Body) はリアには必要ですが(安定したドッシリ感が得られる)フロントには要らない程です(笑)。

今回のX-DImension は、エナジーの定着に時間が掛る(Z33の場合はそうでした)ようなので、まだまだ変化が出てくると思いますので、引き続きインプレをしていこうと思っています。

添付画像
【DSCN0608.JPG : 110.3KB】
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; ...@zaq3d2e39ed.zaq.ne.jp>

・ツリー全体表示

30プリウスのエンジンヘッドに
 skuri  - 10/3/9(火) 1:35 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSCN0610.JPG
・サイズ : 106.9KB
    30プリウスのエンジンヘッド部に、「DIチップ」「Real(Hybrid)」(吸気側)「Synergy(Hybrid)」(排気側に4個)を装着しました。
(エンジンヘッドの形状のため枚数は排気側のほうが多い)

最初あまり変化を感じなかったのですが(30プリはどうもエナジーが伝わるのが遅いのか、変化が出るのに時間が掛る)、徐々に吹け上がりにパワー感が伴うようになってきています。

出足の時や巡航時の「電気走行時」にはあまり感じないのですが、やはりエンジンが掛った後のトルク感は取り付け前とはかなり違いを感じますね。
元々静かなエンジンで、掛っていても分かりにくいのですが、装着後はその「静かさ」が一段上がった感じです。

まだ今はエナジーが全体に行き渡っていないためか、「坂道走行時」には非力さが感じられますが(ノーマルモード)、今後徐々に良くなってくると思いますので、見守りたいと思っています。

添付画像
【DSCN0610.JPG : 106.9KB】
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; ...@zaq3d2e39ed.zaq.ne.jp>

・ツリー全体表示

30プリウスのAピラーに「Real(Hybrid...
 skuri  - 10/3/4(木) 1:14 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSCN0640.JPG
・サイズ : 49.4KB
    30プリウスのAピラー下部に、「Real(Hybrid)」を1セット装着しました。

どうも私の30プリには効果が出るのに時間がかかるようで、3日目くらいから徐々にフロントを中心に剛性感が上がってきました。 (他の「30プリ乗り」の皆さんはどうなのでしょうか?)

Z33の場合は、効果が出るのは早いのですが、落ち着くのに物凄く時間がかかりますが、30プリの場合これとは逆の反応ですね。

エナジーの伝わり方もこれまでとは違って、本当に徐々に剛性感が上がりますので、乗っていて不快な感じは全くしませんね。 日に日に、少しずつ安定感とがっちり感が出てくるので、毎日車に乗るのがとても楽しみです(笑)。

今回の「Real」装着は、前回「ストラット上部」に付けた「Basic(Hybrid)」とうまくバランスが取れているのか、フロント側の「落ち着き感」が数段上がり、とても運転していて楽になりました。

次回はダンパーに「SEAM」を2連ずつ付けて、個の乗り心地がどう変化するかテストしてみたいと思っています。

添付画像
【DSCN0640.JPG : 49.4KB】
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; ...@zaq3d2e39ed.zaq.ne.jp>

・ツリー全体表示

30プリの足まわりにBasic
 skuri  - 10/3/1(月) 22:31 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSCN0632.JPG
・サイズ : 95.8KB
    足廻りの取り付け部に補強の目的でBasicを左右4か所に付けました。

どうも30プリは、チップエナジーの伝達に時間がかかるようで、取り付けて3日くらいしてから徐々に、また強力に効いてきますね。
運転席の丁度下辺りが「突っ張った」感じになっています。

フロントメンバーとAピラーに付けたRealは良い感じなのですが、この部分にはあまり強力なチップは要らないかもしれませんね。

もう少し様子を観て、取り外すかどうか考えたいと思っています。

添付画像
【DSCN0632.JPG : 95.8KB】
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; ...@zaq3d2e39ed.zaq.ne.jp>

・ツリー全体表示

DI(Hybrid)を30プリウスに
 skuri  - 10/3/1(月) 11:18 -

引用なし
パスワード
    30プリウスは出足の弱さ(電気だけで走るため)がとても気になっていたので、DI(Hybrid)を各インジェクションの頭に1枚ずつ付けました。

最初の2〜3日は特に変化がありませんでしたが、その後徐々に効果が出てきたのか、今は結構出足も以前ほど気にならなくなりました。
「ガツン」というようなトルクの太さは感じられないのですが、スムースに「スルスル」と出てくれるようになっています。

後は「エンジンヘッド部」に「Synergy(Hybrid)」か「Real(Hybrid)」を装着する予定でいますが、これらの装着で更に「元気」な30プリウスになってくれることを期待しています。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; .NET C...@220x151x254x18.ap220.ftth.ucom.ne.jp>

・ツリー全体表示

30プリウスにReal(Hybrid)
 skuri  - 10/2/26(金) 12:59 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSCN0628.JPG
・サイズ : 104.5KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : DSCN0618.JPG
・サイズ : 127.8KB
    30プリウスのフロントとリアのメンバーに「Real(Hybrid)」を装着しました。

フロントはエンジンマウントの近くなので、エンジンにまでエナジーが伝わってきているようで、途中でエンジンが掛ってもこれまでに比べて静かになっていますね。エンジン回転も滑らかさが出てきており、オイル交換直後の印象です。

Real程の大きなチップを付けたこともあるのでしょう、フロント部はハンドリングに影響が出てきており、大きな轍を超えてもハンドルが取られなくなりました。 リアは突き上げ感が出るのかなと思っていましたが、それに反して「ドッシリ感」が出て、フロントとのバランスがとれて、とても好ましい乗り心地ですね。

今後はバッテリー、ラジエターロアホースにも順次チップを増設していく予定です。

P.S.新開発の「空間伝達エナジー」は凄いですね。 とても興味があります。

添付画像
【DSCN0628.JPG : 104.5KB】

添付画像
【DSCN0618.JPG : 127.8KB】
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; ...@zaq3d2e39ed.zaq.ne.jp>

・ツリー全体表示

ハイパーBLB と リアルハイブリッド装着
 すいか君  - 09/11/9(月) 14:22 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : RIMG0051.jpg
・サイズ : 45.8KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : RIMG0200.jpg
・サイズ : 28.2KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : RIMG0110.jpg
・サイズ : 39.6KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : RIMG0198.jpg
・サイズ : 25.3KB

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : RIMG0109.jpg
・サイズ : 28.4KB
   003年式 プリウス 20型MC前 BTSキットを装着しています。

今回は、ハイパーBLBをリアの補機バッテリーに装着しましたが、
リアの剛性がアップし、2週間経過してもゴツゴツ感が消えません。

そこで、ハイブリッドバッテリーのSEM(live)を全部はずしたり、
BLBを+側に移したり、試行錯誤していました。
大原氏の相談したところ、リアルハイブリットを左右のBピラーに
試着頂きました。直後から、車の動きに変化が現れました。

どっしりと落ち着いてきたのです。
今までの苦労がリアルハイブリット1つで解消しました。

エンジンルームなんですが、前回イグニッションコイルのチップと
ウオッシャータンクへのインナーメッシュ投入を行っていましたが、
今回、パワーウオーターをラジエターのサブタンクに500ml置換
DCDCコンバーターにSEM(Live)を2個装着しました。

スムーズなエンジン回転と、力強い加速を得られ大変満足しています。

さらに、ブレーキマスターシリンダー部へSEAM(quark)を2個装着した
ところ、ダイレクト感のある踏みごたえと、停車寸前の違和感(カックン)が
ほぼ解消されました。

添付画像
【RIMG0051.jpg : 45.8KB】

添付画像
【RIMG0200.jpg : 28.2KB】

添付画像
【RIMG0110.jpg : 39.6KB】

添付画像
【RIMG0198.jpg : 25.3KB】

添付画像
【RIMG0109.jpg : 28.4KB】
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB5; SLCC1; .NET CLR 2.0.5...@192.168.1.71>

・ツリー全体表示

SEM(Live)を高電圧変換ユニットへ  EngineT...
   - 09/9/13(日) 20:36 -

引用なし
パスワード
   BLB(Live)装着から1週間後、次にSEM(Live)を4枚高電圧変換ユニットへ EngineTuner(Live)をHPの通りエンジン2枚装着しました。

装着の理由は、やはりモーターとエンジンのトルク・パワーアップです。
装着した当初は、若干のレベルでしかパワーアップを感じることが出来ませんでした。その頃は、丁度オイル交換の時期でエンジンが重くなっていたからか、それが影響してたのかもしれません。

そのため、翌日直ぐにオイル交換しました。オイル交換後、装着してから効果が出るまで時間がかかるのか、ようやく加速がよくなったような感覚です。オイル交換したから軽くなるのは当然です。きっと、即効性はBLB(Live)と比べないのかな?とも思いました。

その後、車が豹変していることに気付き驚きました。
いつもは走行する際は、「ノーマルモード」しかしていなかったのですが、久しぶりに「パワーモード」にしてみたら車がワンランク上がったように感じました。以前は「パワーモード」にしても2000ccクラスの車にしかなってなかったのが、2200ccクラスになったように思えます。「トヨタは2500ccクラスと謳っているが大げさでだなぁ、2000ccクラスでしか思えないよ」と思っていたのですが、排気量が「200cc」アップしたような感じがします。
つまり、「ノーマルモード」の時の延びより、「パワーモード」時の延びが著しかったということです。
「ノーマルモード」はガソリンの消費と関係ないモーターのパワーまでも制御していることがわかりました。これから常に「パワーモード」にして走行したいと思います。加速の際の引っ張られる感覚が楽しい。

次も、2500CCの加速を目指すため、モーターとエンジンのパワーを上げるように更なるチャレンジをします。
方策は、メインとサブバッテリー、そしてエンジンのインジェクションコイル部分にもSEM(Live)(L)を装着したいと思います。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)@c1b02-146.milare-tv.ne.jp>

・ツリー全体表示

バッテリーにBLB(Live)装着
   - 09/9/12(土) 20:57 -

引用なし
パスワード
   プリウスに、一番最初にBLB(Live)を装着しました。

というのは、以前に乗っていた車からの移植品で、シガーレットに付けるコンデンサーチェーンを装着するとモーターとパワーが上がったのを体感出来たため、以前の書き込みの通り、BLB(Live)がモーターとエンジンのパワーを上げるのに一番手っ取り早いと思ったからです。

装着してみると、やはりモーターとエンジンのパワーがシガーレットの物の効果に加えて、明らかなパワーアップが見られました。プリウス特有の出足の鈍さが悩みの種でしたが、そのデメリットを改善出来ました。これで出足の際の後続車への迷惑もなくなるでしょう。

一番の感動はエンジンの吹け上がりが良くなったことです。エンジンのパワーが上がったことで、高速での走行も車が楽に走っているような感じがします。

プリウスのチェーンは、やはり電気系の物がお薦めです。

尚、燃費は上がったかどうかですが、エンジンの吹け上がりが良くなったため自然にアクセルを踏んでしまったためか変化はなしです。ただ、加速は以前のものとは次元が違います。

このBLB(Live)は、間違いなくモーターとエンジンのトルク・パワーを上げる一品です。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)@c1b02-146.milare-tv.ne.jp>

・ツリー全体表示

  新規に投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索できます ┃ 個人設定 ┃ ホーム  
1 / 2 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
9067
(SS)C-BOARD v3.3 is Free.