投稿  ┃ ツリー表示  ┃ スレッド表示  ┃トピック表示 ┃ 検索  ┃設定  
6 / 1521 ツリー ←次へ | 前へ→

TuneChip SPとバッテリ-2 leoncupra 19/9/18(水) 10:45
Re:TuneChip SPとバッテリ-2 hilo4 19/9/19(木) 18:10
Re:TuneChip SPとバッテリ-2 leoncupra 19/9/22(日) 12:48

TuneChip SPとバッテリ-2
←back ↑menu ↑top forward→
 leoncupra  - 19/9/18(水) 10:45 -

引用なし
パスワード
    既報のバッテリマイナス端子へのTuneChip SP貼付は、その後プラスに1枚、マイナスに3枚の組合せで安定していたが、運転中「パーシャル加速は全然OK!、浅い踏み込みで応答が高まればなあ」と少し欲求が出てきたので、モノは試しにオルタネータのDIチップ上にSPを重ね貼りしてみた。
 これはこれで以前よりトルクのツキは良くなる感じ。軽快で心地よい出足感と、定速に到るアクセルワークも極小一定のままで、スイーッと滑らかに増速してゆく独特のすがすがしさ。
 ターボのトルクでグイグイ押し出す力感とはまた違った軽快な伸びやかさと緻密な回転感が妙味で、フル乗車の全員を降ろして一人でまた走り出した瞬間の、あのかろやかな加速感にも似て、ダイエットしたように軽々と走る。また駆動系は増大トルクを察知してか頻繁なATシフトが減少。加速は今のギアで充分可能、とAT-ECUが判断していそうな場面が多くなった。これも滑らかな走りの要因だと思う。
 どうせならセルモータ施工もやれば完全だろうが、M135iのセルは奥深部にあり貼付は無理。替りにB端子をSP2枚で挟んでみようかと思っている。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD113150071089.ppp-bb.dion.ne.jp>

Re:TuneChip SPとバッテリ-2
←back ↑menu ↑top forward→
 hilo4 E-MAIL  - 19/9/19(木) 18:10 -

引用なし
パスワード
   leoncupra様

はじめまして 私もこちらの投稿を拝見してオルタネータに貼り付けてあるDIにSPを貼り付けてみたところ、殊の外 調子が良くなり思わず投稿させていただきました。
ターボがかかる以前の領域がブラッシュアップされた感じです。

私も輸入車 BMW MINIに乗っており、剛性感やパワー感に関してはTuneChipで大きく変わるものでは無いと思っていましたが、ところがどっこい過ぎて今ではすっかりTuneChipのファンになってしまいました。
今後も貴殿の投稿に期待しつつ真似をさせていただこうと思っています。
ありがとうございました。


▼leoncupraさん:
> 既報のバッテリマイナス端子へのTuneChip SP貼付は、その後プラスに1枚、マイナスに3枚の組合せで安定していたが、運転中「パーシャル加速は全然OK!、浅い踏み込みで応答が高まればなあ」と少し欲求が出てきたので、モノは試しにオルタネータのDIチップ上にSPを重ね貼りしてみた。
> これはこれで以前よりトルクのツキは良くなる感じ。軽快で心地よい出足感と、定速に到るアクセルワークも極小一定のままで、スイーッと滑らかに増速してゆく独特のすがすがしさ。
> ターボのトルクでグイグイ押し出す力感とはまた違った軽快な伸びやかさと緻密な回転感が妙味で、フル乗車の全員を降ろして一人でまた走り出した瞬間の、あのかろやかな加速感にも似て、ダイエットしたように軽々と走る。また駆動系は増大トルクを察知してか頻繁なATシフトが減少。加速は今のギアで充分可能、とAT-ECUが判断していそうな場面が多くなった。これも滑らかな走りの要因だと思う。
> どうせならセルモータ施工もやれば完全だろうが、M135iのセルは奥深部にあり貼付は無理。替りにB端子をSP2枚で挟んでみようかと思っている。
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_14_6) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, l...@m009097.ppp.asahi-net.or.jp>

Re:TuneChip SPとバッテリ-2
←back ↑menu ↑top forward→
 leoncupra  - 19/9/22(日) 12:48 -

引用なし
パスワード
   hilo4様
 オルタ施工のお試しを頂き有難うございます。インプレ嬉しく拝読いたしました。「ターボがかかる以前の領域がブラッシュアップ」との端的な表現。全く同感で、過給前領域でもアクセルにトルクのツキが出て、出足が軽快に感じる。この辺の良さがありますね。エンジン出力の考え方や部品の共通化も伴うBMWファミリ同士ということもあってか、より好い体感が出たようにも思います。

 チップで車を良くしたい方々の集うこの掲示板。創意工夫や試行錯誤等の施工情報が多く披露され、なるほどやってみよ、の環境ですよね。私も皆さんのノウハウを戴いて施工に活かしてます。当方の施工でお役に立ちそうならどうぞご自由にお使い下さい。

 追記:本来SFIIと二頭立てのSPですので、ピラー等剛性感等アップの「エレキバン」としての基本も大切にして、本筋を外さない施工をしたいですね。

▼hilo4さん:
>leoncupra様
>
>はじめまして 私もこちらの投稿を拝見してオルタネータに貼り付けてあるDIにSPを貼り付けてみたところ、殊の外 調子が良くなり思わず投稿させていただきました。
>ターボがかかる以前の領域がブラッシュアップされた感じです。
>
>私も輸入車 BMW MINIに乗っており、剛性感やパワー感に関してはTuneChipで大きく変わるものでは無いと思っていましたが、ところがどっこい過ぎて今ではすっかりTuneChipのファンになってしまいました。
>今後も貴殿の投稿に期待しつつ真似をさせていただこうと思っています。
>ありがとうございました。
>
>
>▼leoncupraさん:
>> 既報のバッテリマイナス端子へのTuneChip SP貼付は、その後プラスに1枚、マイナスに3枚の組合せで安定していたが、運転中「パーシャル加速は全然OK!、浅い踏み込みで応答が高まればなあ」と少し欲求が出てきたので、モノは試しにオルタネータのDIチップ上にSPを重ね貼りしてみた。
>> これはこれで以前よりトルクのツキは良くなる感じ。軽快で心地よい出足感と、定速に到るアクセルワークも極小一定のままで、スイーッと滑らかに増速してゆく独特のすがすがしさ。
>> ターボのトルクでグイグイ押し出す力感とはまた違った軽快な伸びやかさと緻密な回転感が妙味で、フル乗車の全員を降ろして一人でまた走り出した瞬間の、あのかろやかな加速感にも似て、ダイエットしたように軽々と走る。また駆動系は増大トルクを察知してか頻繁なATシフトが減少。加速は今のギアで充分可能、とAT-ECUが判断していそうな場面が多くなった。これも滑らかな走りの要因だと思う。
>> どうせならセルモータ施工もやれば完全だろうが、M135iのセルは奥深部にあり貼付は無理。替りにB端子をSP2枚で挟んでみようかと思っている。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD113150071089.ppp-bb.dion.ne.jp>

6 / 1521 ツリー ←次へ | 前へ→
   投稿  ┃ ツリー表示  ┃ スレッド表示  ┃トピック表示 ┃ 検索  ┃設定  
ページ:  ┃  記事番号:   
78885
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free