投稿  ┃ ツリー表示  ┃ スレッド表示  ┃トピック表示 ┃ 検索  ┃設定  
1 / 2000 前へ→

TuneChip Air
←back ↑menu ↑top forward→
[NEW]  kou  - 20/3/29(日) 22:36 -

引用なし
パスワード
   レヴォーグとアクアに装着。
1度に大量に装着するとコンピュータの学習が間に合わないと言う事で、まずは各車2個ずつエアクリーナーボックスに装着する事に。

当時レヴォーグにはスタッドレスタイヤ+軽量ホイールを履いていたので、2個でもトルクアップを実感。少ないアクセル開度でスーッと前に進む感じが得られました。
但し夏タイヤに戻すと、タイヤのグリップやホイールの重さの影響で以前のモッサリした感じに戻ってしまいました。

対してアクアは不思議な事に殆どと言っても良いくらい効果が現れず、レヴォーグの2個を追加して計4個にしてもこれと言った変化が無かった(そもそもチップを着けた後の空ぶかしの時点で怪しかった。レヴォーグはエンジン保護の為4000回転までしか空ぶかし出来ず、それでも明らかに更けが良くなったのに対しアクアはベタ踏してもエンジンが回らず、あろうことかタコメーターが無い!)ので取り敢えずアクアは諦め夏タイヤで動きが重くなったレヴォーグに重点を置いてチューニングする事に。

まずエアクリーナーボックスに4個と追加で購入した1個を加えて5個で、スタッドレスタイヤ時に現れたのと同等の変化を実感。
取り敢えず5個でそれなりの効果が出たので、更なる効果を求め
配置替えを実施。

レヴォーグはエアクリーナーボックスからエンジンまでの経路が長い(チップの効果が薄れる?と勝手に想像)ので、エアクリーナーボックス以外でエンジン寄りの場所で試した所
サージタンクに2個
スロットルボディに1個
インテークのスロットル側に1個
インテークが4本に枝分かれする根元に1個
で大分変わりました。

アクセルに軽く足を乗せてるだけで車がグイグイ進む様になり、上り坂の多いテストコースで試した結果、マルチインフォメーションディスプレイに表示されるアクセル開度を見ながら、開度10%固定でいつもなら時速60q止まりの緩やかな上り坂で、同じ開度で67qで登って行きます。

また勾配のかなりきつい上り坂(今まではアクセル開度23%〜25%で踏み増しせずに時速50q前後で登る坂)では開度23%で明らかにトルクが分厚くなり、そのままの開度で時速50qに差し掛かっても加速が衰えず、57qまで加速していきました。

今回装着した場所で同じアクセル開度で、レヴォーグの重たい車体&上り坂のコースであるにも関わらず10%以上スピードが増しているので、大分効果が有ったと思います。

今後は今の場所をベースとして他の場所を色々探ってみます。



43 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 10; SH-04L) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko)...@sp49-98-162-6.msd.spmode.ne.jp>

TuneChip Air kou 20/3/29(日) 22:36 [NEW]

1 / 2000 前へ→
   投稿  ┃ ツリー表示  ┃ スレッド表示  ┃トピック表示 ┃ 検索  ┃設定  
ページ:  ┃  記事番号:   
82662
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free