チューンチップの掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃ホーム  
18 / 59 ツリー ←次へ | 前へ→

やはり軽自動車には、ボディ剛性の調整が必要です。 H82W 22/5/25(水) 21:10

やはり軽自動車には、ボディ剛性の調整が必要です。
←back ↑menu ↑top forward→
 H82W  - 22/5/25(水) 21:10 -

引用なし
パスワード
   以前にStrutを各4輪上部に装着しましたが、あまり効果を体験できませんでした。むしろガタつきが増えたような…。そこで、CXを「センターX」として、センターコンソール部分に装着しました。すると、期待とは逆に、ガタつきが増えました。私なりに考えてみると、ダンパーやスプリングの応答性が向上したことによるボディ剛性不足の露呈かな? これまではエンジン周り中心に手をつけてきましたので、ボディ剛性などは軽視して、取り敢えずこの2アイテムで大丈夫だろうと考えていました。再考して、SPをAピラー下部左右4点、Cピラー下部左右4点装着したことによって、ガタつきはなかり落ち着きました。装着アイテムや位置によっては、かえって悪影響を及ぼす、補強した箇所の周辺の補強も思慮しないと、全体のバランスが崩れるとの勉強にもなりました。どこのどの辺りに何を装着すればよいのか?…これは永続的な試行錯誤となり、私のような務め人には時間の捻出が不可能ですが、「マニュアルどおりに施工してみれば、取り敢えず好結果」と云えるものでした。ただし、私の愛車は軽自動車であるゆえ、身の丈を超えて普通車的領域をクリアした実感があります。
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 15_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 ...@101.1.73.173.user.e-catv.ne.jp>

18 / 59 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
4358
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free